お知らせ

お知らせ

東京オリンピック・パラリンピック推進委員会 最終イベントのご案内 2月19日 in Zoomによるオンライン

2022年01月19日

会員各位

当学会東京オリンピック・パラリンピック推進委員会が最終イベントを開催いたします。
ご希望の方は参加申込をお願いいたします。申込締め切りは2月11日(金)

非会員様もご参加いただけます。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

***********************************

東京オリンピック・パラリンピック推進委員会 最終イベントのご案内
「東京2020パラ大会から見えてきたこと、そしてその先へ」

2022年2月19日(土)in Zoomによるオンライン開催

***********************************

東京2020大会は2021年7月のオリンピックから9月のパラリンピック終了まで基本無観客下で開催されました。2013年9月に招致が決定して以来、開催までに実に7年間を要しました。この間全く想定していなかったCOVID-19の急激な拡大により史上初めて1年延期という事態も発生しました。
こうした中にあって開催された東京2020大会ですが、その準備、会場整備、大会時の運営等について、パラ大会の重要な役割を担った3組織の方々に2020大会の運営とこれからの課題について報告をお願いしました。
主な論点としては、大会までの準備、最初のターニングポイントであるTokyo2020アクセシビリティ・ガイドラインやユニバーサルデザイン2020行動計画の作成、オリパラを契機とした共生社会づくりの動き、大会時の運営、そしてこれからの取り組みです。貴重な機会になりますので是非皆様奮ってご参加ください。

日時:2022年2月19日(土) 14:00~16:30

形式:ZOOMウェビナー

参加費:
会員500円/人
非会員1000円/人

情報保障:字幕のみ

プログラム:

「東京2020パラリンピックが社会に与えたインパクト」
中南久志氏(東京ガス㈱リビングサービス本部長付(2021年9月30日まで東京2020組織委員会 パラリンピック・ゲームズ・オフィサー))+「Tokyo 2020アクセシビリティ・ガイドラインの策定と運用」仲前信治氏(東京2020組織委員会パラリンピック統括室長代理)
「東京2020大会までの準備と大会を終えて」
小澤健一氏(東京都オリンピック・パラリンピック準備局 パラリンピック部事業調整担当課長)
「東京大会を契機とした共生社会の実現に向けた政府の取組とレガシー」
中井智洋氏(内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局参事官)
討論
コーディネーター:髙橋儀平(東洋大学名誉教授)
指定発言:秋山哲男氏(中央大学研究開発機構機構教授)、竹内哲哉氏(NHK解説委員)

参加申し込み:2月11日(金)までに下記からお申込み下さい。
https://eventregist.com/e/oripara220219
お申込みいただいた方に、ZOOMのURLをお知らせします。
フォームでのお申込が難しい方は、お名前(ふりがな)、ご所属、ご連絡先のメールアドレス、当日ご連絡がとれる電話番号を記載の上、問い合わせ先までメールでご連絡ください。

問合せ先:
k-honda[at]ecomo.or.jp(竹島恵子)
([at]を @ に変えて下さい)