お知らせ

お知らせ

第22回全国大会(東京)研究討論会・基調講演・シンポジウムの概要が決定しました

2019年06月07日

福まち学会 会員各位

第22回全国大会(東京)の研究討論会と基調講演、シンポジウムが下記のとおり決定しました。

○研究討論会
●1日目
  8月8日(木曜日) 12時45分から14時45分(120分)
 <学会本部>
  「福祉のまちづくりとインクルージョン
    -青年期の学びの機会に着目して-」

 <サイン環境特別研究委員会>
  「これからのサイン環境整備に求められる課題
    -国際イベントを契機にめざす関西のユニバーサル社会づくり-」

●2日目
  8月9日(金曜日) 15時00分から17時00分 (120分)
 <東京2020オリンピック・パラリンピック委員会>
  「東京2020パラリンピック大会を契機とした
   当事者参加の仕組みとレガシーの構築に向けて」

 <法制度特別研究委員会>
  「多様性社会における基本的人権としての住まいを考える」

○基調講演 8月8日(木曜日) 午後開催予定
 小山 聡子(日本福祉のまちづくり学会会長)
「あらためて多様性を問う」だれも取り残されないまちづくりを目指して

○シンポジウム 8月8日(木曜日) 午後開催予定
「参加と協働」が内包する諸課題 -異なる立場からの問題提起-

詳細が決まり次第、学会ホームページで更新しメールマガジンでお知らせいたします。
多くの皆様の大会参加をお待ちしております。